「虫めがね」(現在中止中!)

【はじめに】

 このソフトはiPhoneのカメラを使い撮影画面を拡大できるようにしたのでリアルタイム動画を拡大して見る事ができます。近くを見るときは虫眼鏡、遠くを見るときは望遠鏡になります。どこまで、実用的かどうかは、御社のページのサンプル画像を見てください。

サンプル画像


【仕様】

・倍率:

 標準のカメラの

 長さ比で10倍、面積比で100倍

(デジタルズームは推測4倍くらいからかかります)


 実際には3GSでは倍率をかけなくても試写体よりも少し大きく表示してもピントが合いますので、もっと大きく表示することができます。更に市販されているiPhone用の接写レンズと併用することで、より拡大表示することが可能になります。


・拡大方法:ピッチアウト

・縮小方法:ピッチイン

・拡大した時はスクロールできます。

・写真、動画の撮影はできません。

・全画面表示:320*480


【画質】

 標準のカメラで撮影した写真を最大表示した時のサイズ(3GSでは2048*1536、3Gでは1600*1200)までは、その画質ぐらいにはきれいに表示されます。このソフトでは長さ比で3〜4倍です。

 それ以上のサイズになると、デジタルズームの表示になるのでピンぼけしたような表示になります。なので実用範囲は3〜4倍かと思います。

 ピンぼけや手ぶれの状態は、論外ですので、まずは標準のカメラで使い方に慣れてからからお使いください。


【使い方】虫眼鏡として使う場合。

1.「虫めがね」を起動します。カメラの画像が全画面表示されます。

 最初は1倍(100%)表示です。

2.まず、最初にピント合わせが必要です。

  私の3GSでは試写体から6cmぐらい放せばピントが合います。それ以上近づけるとピンぼけします。3Gでは10cm離してもぼけている感じがしますが、その状態でももそれなりの拡大表示ができます

4.その状態でピッチアウトすると、10倍まで拡大できます。大きすぎた時にはピッチインすると縮小されます。

5.ドラッグすると、表示がスクロールします。


・望遠鏡として使う場合。

 遠くの見たい物にiPhoneのカメラを向けて、ピッチアウトするだけですので、近くの物を見るよりは簡単に使えると思います。やはり拡大すると、手ぶれが気になるので、iPhoneが動かない様に工夫してください。


【スクリーンショット】

 写真撮影はできませんので、画像を静止画で保存したい場合は、スクリーンショットを撮ってください。「ホーム」ボタンと「スリープ/スリープ解除」ボタンを同時に押して放すと撮れます。撮れたものは写真アルバムの「カメラロール」内にPNG形式で保存されます。


【コツ】

1.カメラのレンズ位置は、液晶画面の中央ではないので注意してください。

2.被写体に近づいた方が拡大表示されますが、近づきすぎるとピントが合いません。

3.ピント合わせをする時は、ちょっと離れた所でピントを合わせてから、ちょっとづつ近づけるのが良いみたいです。

4.3GSの方が3Gと比べると画像がクッキリ表示されます。かなり画質に差があります。

5.iPhoneの設定の「明るさ」を明るくする方が奇麗に見えます。

6.被写体も明るい方が奇麗に見えます。

7.逆に野外の炎天下の様に明るすぎても、画面がよく見えないので、自分を陰にする等工夫してください。

8.カメラのレンズに凸レンズを付けると、被写体に近づいてもピントが合があうので、より拡大されます。市販されているiPhone用の接写レンズなどで研究してみてください。

9.拡大する程、手ぶれが気になりますので、適当なスタンドに取りをすると、両手を使う作業の時などに便利です。

色々とお試しください。上記以外で、コツを見つけた方は是非ご連絡ください。


【使い道】

1.出先で老眼鏡を忘れて、小さい字を読む必要がでてきた時。

2.野外の観察会などで小さな昆虫等を見つけた時に、その昆虫を同時に複数の人が見ることができます。

3.iPhoneを使っていない人にiPhoneを自慢したい時(笑)やiPhoneのカメラや接写レンズの性能を確認したい時

他にも色々と使い道はあると思いますので、便利な使い道を発見した方は是非連絡ください。


【要望など・ご意見など】

 お気軽に作者にメールください。お待ちしております。


【作者:連絡先】   

    作者:あいむ(木皿 直規) 

メールアドレス:info@im-aim.com

ホームページ: http://im-aim.com/


アイム有限会社 info2@im-aim.com