FileMakerによるシステム開発

 FileMaker(ファイルメーカー)は、データベースソフトウェアーです。弊社が扱ったことのあるシステム開発環境の中で、FileMakerでできる事に限って言えば、他のどの開発環境よりも開発と運用がやり易いです。それは、総合的に人の労力が少なくコストも安くなることを意味します。WindowsまたはMacのどちらかで開発しても、どちらでも動作させることも可能です。(ただし、一部の機能はどちらかでしか動かない機能もあります。)また、情報を共有するのも簡単にできますし、運用も他のシステムより楽になります。

 業務システムを開発するのは、そのシステムを使う人がその内容に一番詳しいので、その人が開発するのが一番安上がりな方法で仕様も間違い無いはずです。簡単なシステムならば、少しFileMakerを勉強すればシステム構築できる様になると思います。挑戦してみてては如何でしょうか?必要ならば弊社がそのお手伝いもします。本業の仕事が忙しくてデータベースの勉強をしている時間が無いという方は、システム全てを弊社に開発依頼して頂いてもOKです。開発を始める前に、仕様はちゃんとわかっている方が短時間でシステムを構築ができますが、場合によっては仕様がハッキリと決まっていない場合もあると思います。FileMakerだと仕様がちゃんと決まっていない場合でも仮のプロトタイプをさっと作って、ユーザーと相談しながら作り込む開発スタイルもこなせます。

 また、弊社があらかじめ、最初のひな形や開発者でないと難しい部分を開発して、後はユーザーご自身でいじくれるようにするやり方も対応できます。もちろん「FileMaker」で、できない事もあります。弊社なら、その部分だけをC言語等の他の方法で実現させてきました。プラグインで対応と言う方法もあります。

 弊社でFileMakerで作成したシステムのうち、公開しても問題ない物を、下記にリストアップしておきます。色々とFileMakerのシステム開発時に参考にしてください。


アイム有限会社 info@im-aim.com