センサーのデータをUSB経由でパソコンに取り入れる

 具体的な電子回路として、加速度センサーや赤外線センサー、超音波センサーなどの出力をオペアンプで増幅し、フィルター、A/Dコンバータでデータを加工、変換し、ESP32などのマイコンを使い弊社独自開発したのオリジナルアルゴリズムでデータを処理して、特定小電力無線を経由して、パソコンに接続する小規模な実験用の試作機のシムテム開発中です。この様なシステムの要望がありましたら、お気軽にご連絡ください。

アイム有限会社 info2@im-aim.com