小規模な電子回路基板の試作

※現在これは横須賀ガジェットラボでやっています。

加速度センサー、超音波センサー、赤外線センサーなどのデータをパソコンで扱えるような小規模な電子回路を手作りで試作し研究開発しています。秋月電子のキットをちょっと改良するレベルです。

 最近ではマイコンを始め色々なセンサーやその他の電子部品が、個人レベルでもとても安く手に入る事ができるようになりました。弊社は電子回路基板を大量生産する設備などはありませんので、小規模の電子回路の設計、手作りの試作機の開発ならできます。安価な部品を使ったシステムは、高額な計測器の様な絶対精度は測定できませんが、相対的に大きいか小さいかを判断させることはできるので、十分に実用的な電子回路が作れます。

 大学や企業の研究室などでセンサーからのデータ取りが必要な時など、社内で電子回路を作成するのは大変な場合、立派な会社に開発依頼をする開発費がない場合など、ご相談ください。弊社は、回路基板、マイコンのプログラム、パソコン側のプログラムをトータル的に提案、設計ができますので、最終的には試作器の研究開発費が安くなると思います。元々弊社は、パソコンのソフト開発が本業ですので、使っているうちにパソコンのソフトの仕様変更する場合も、柔軟に対応できます。

【あつかった事のある電子部品】
 ・マイコン:PIC18F、PIC24F
 
・センサー:加速度センサ、焦電型赤外線センサ、超音波センサ、光センサ、

 ・通信  :RS232c、USB、Ethernet

 ・無線  :Bluetooth、zigbee、特定小電力無線

【利用分野】

 ・生体データ


アイム有限会社 info@im-aim.com